読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NanaToYamato’s blog

占いと愛犬やまとについて綴っています!

【有名人鑑定】高樹沙耶さん


"http://blog.with2.net/link.php?1865073:2637"title="黒柴ランキングへ">黒柴ランキングへ

高樹沙耶さん 1963年8月21日(水)生まれ 【宿曜】軫宿 【数秘】No.3 【九星】一白、巽宮傾斜

逮捕されちゃいましたね。 同じ浜松市出身の方なので とても残念ですね(T_T) 大麻と政治と 森山繁成容疑者との関係がなければ 女優兼 女起業家として そこそこ やっていけてたかもしれない と、そう思える方なのですが…。

どうして、こうなっちゃったのか 鑑定して読み取ってみました。

元夫の中西圭三さんとの 宿曜での相性、、、

出ました!【安壊】(。>д<)

この相性は要注意ですよねー! でも、星同士が遠距離の関係なので 意外と上手く頑張れる可能性も 持ってはいるのですが 星の資質で見ると 中西圭三さんは 室宿。 (1964年11月11日(水)生まれ No.6) 室宿は、猛悪宿なのでアクが強く おそらく亭主関白かと思います。 そして、数秘でのNo.を見ても 家庭を大事にしたい感が バンバン伝わってきますね。 それに対して、 自由が好きな軫宿、そしてNo.でも “自由な人”と出ている高樹沙耶さんが この亭主関白な空気に馴染めるか? というと、、、 無理がありそうですよね( ̄▽ ̄;) 更にですね、軫宿というのは 恋愛面では三角(複数の)関係に 陥りやすいともされています (全員ではありませんよ)。 高樹沙耶さんは、この中西圭三さんと 結婚していた間に ニューヨークで 久保田利伸さんと密会していたという 記事もありました。 それが本当であれば 宿曜での星の資質でも相性での 【安壊】の破壊作用としても また各々の立場関係でも納得ですし 数秘でのNo.3の資質でも 三角関係になりやすい人生ってのが 分かりますね。 (何度も言いますが、軫宿が全員そんな感じの生き方というわけではありませんよ!) ついで、なので 久保田利伸さんも一応 生年月日調べてみました。

久保田利伸さん 1962年7月24日(火)生まれ 【宿曜】昴宿 ASKAさんと同じ星です。 社会に必要とされる仕事の能力あり。 【数秘】No.22 特殊ナンバーです♪ 特殊ゆえに個性的な創造力、職人。 La La La…Love songとか タイトルだけでもヤバいですね♪ (^▽^)/★☆♪

高樹沙耶さんとの相性はというと 【栄親】の遠距離です。 相性は◎ですね。 久保田さんと中西さんは 同じシンガーソングライターですし 当時、何かと 比較されていたお二人なだけに 夫となった中西さんと同業の方との 密会をFRIDAYなんてされたら そりゃ、中西さんも面白くないわなぁ! そんでもって、高樹さんは元々 久保田利伸さんのファンだったとか。 (/ー ̄;)んーん

高樹さんは よろしくない御手本という形で 軫宿という星の代表を 努めるかのように生きてしまう ある意味たくましい存在ww 中西圭三さんと 2年でスピード離婚しちゃった、 というのは 、、、そういうことか、と 思わず納得しちゃいますね。

更に そこから先の恋愛でも、 婚約されてた方が いらっしゃったようですが 「結婚してくれないから…」 が理由のようで フリーダイビングをしていた時の 婚約者と破談。 この方は、フリーダイビングの コーチだったようなのですが ビックリなことに 中西圭三さんと結婚されていた間に ダイビングのコーチとして出逢い 指導を受けたという記事もありました。 その既婚の立場の時に 久保田さんやら コーチやら 全ての方と関係を持っていたとすれば?

、、、もう

自由奔放が止まらない(* ̄∇ ̄)ノ わが道スタイル全開っすね。

この三角関係の短所ですが、 逮捕までの石垣島での生活スタイルでも 四人の男性との奇妙な住み方を 上げてみても フムフムって感じです。 ただ、体の関係が有る無しに関わらず 高樹さんは、複数の占術で見ても “お世話したい” “良いものは勧めたい” という資質を持つ、と出てますので 石垣島での生活に関しては 痛みで苦しんでる人を癒してあげたい! という気持ちで 軫宿で言う、奉仕的な資質が 強く出ちゃったのかなぁと。 (なんでフォローしてんだ? ww)

そんな高樹さんですが、 さらに鑑定してみたら 1度目の結婚相手の中西圭三さんとの 結婚のタイミングを数秘で鑑定すると 社会年数がNo.9の年に当たります。 あっ、数秘術を習得されてる方 今、直ぐに気づきましたね! そうです!そうなんです!!! 今年も、、、 No.9の年でございますな(笑) 気づいた方は 鑑定のセンスあり! \(^_^)/ 高樹さんは、大きな動きを 取るときのタイミングが だいたい 個人年運のNo.2の時なんですね。 本人のNo.が3なのですが 自分のNo.の数字と個人の年運が かぶった時というのは 目立つ流れが待ってたりします。 逆算すると、 その注目を浴びる準備として 手前で大きな動きを起こすわけですね。 出てきている情報で追ってみると 凄く分かります! 見てみましょうかね。

①1980年 高校中退、芸能界を目指し上京、 ※ この時、17~18歳。 大麻を知ってしまったのが18歳の頃と 本人がおっしゃってます。 複数の占術で見て、 海外運を持ってるので海外に 行ったところまではOKなのですが 海外の要素の違うものに目をつけて 吸収して帰国してしまったようですね。

②1998年 中西圭三さんと結婚 ※ ニューヨークで久保田利伸さんと密会 ※ ダイビングのコーチに指導を受ける のちにこの方と婚約&同棲からの破談

③2007年 千葉県の南房総市に移住 ※ ナチュラリストを名乗り cafe経営や農業に専念。 (本当にただの農業だけか?)

④2016年 第24回参議院議員通常選挙新党改革より東京都選挙区で 出馬表明。 (黒い闇も見え隠れする感じですが…)

とまぁ、 彼女の人生において、 世の中の人間にガッと注目される タイミングが彼女自身のNo.3という 数字の年運の時であり その手前に当たる 彼女の年運がNo.2になる時 =社会年数がNo.9に当たる時 いつも自ら大胆な動きを取っていました。

彼女が幸せになるために 立派な人間になるために 必要なテーマが 実は誕生日に隠されてるのですが そのNo.を見ますと “試練はたくさんだけど人のために頑張る” “色々な人間がいるけど皆と仲良く頑張る” “試練を乗り越え偉業をなせるか” そんな感じなんですね。 宿曜で未来のイメージをしても 【じぃーっと耐えて縁の下の力持ち】 【コツコツと】 【愛情、ヴィーナス】 こんなものが理想的だったのですが 大麻無しでは 頑張れなかったのでしょうかね。 はぁー残念。

では、 ここからは、占い云々ではなく 心理で読み取ってみましょうか。

女性として生まれ、 これだけ自由奔放に生きていると、 だいたい、周りの友達に距離を置かれ 孤独になって 同じ同性の女性と上手く関われず 男性に走りがち、頼りがち、な人生に なるのですが、、、

、、、まさに、、ですよねww

やりたい放題で成功した女性は 昭和で言えば、 松田聖子さん(縁の下の力持ちの畢宿)♪ 今の平成ですと、 浜崎あゆみさん(底力のてい宿)♪ でしょうね。 この代表者たちのように 自由奔放に生きれない女性は 自由奔放に生きれちゃう人間を 差別したり批判的に見ます。 でも、この代表者たちは そんな同性の方々と 上手く関わることよりも やりたい放題を選択したわけです。 ですが、 高樹さんと松田聖子さんたちとは 結果が明らかに違いますね。 その違いは何でしょう?

単純に、ですが

仕事は仕事で逃げずに ちゃんとこなすこと! そして、セルフマネージメントが 最高に上手い!!! 高樹沙耶さんが何故劣るか?は、 数秘のほうで見抜けば 直ぐに分かります。 高樹さんの運命数である No.3という数字の人間の短所には ・悲観的になりやすい ・現実逃避しやすい ・大人になっても子供っぽい があります。 では、①つ目の 悲観的になりやすい時って どんな時でしょうか?

・自信がない ・自身の成功のイメージが持てない ・やりたいことがない/できない ・持ってるものを維持できない

要するに、ないないない!の時。

では、何故 自信がない人生になってしまうのか? 高樹さんは、学生時代 当時でいう【誠心】という女子高に 通っていました。 (現在は名前も変わり共学になってるかと思います。) 御実家は、布団屋さん経営。 私立の誠心高校に通っていたのですが 当時人気だった原田真二さんのファンで 彼のライブを見に行って 芸能界を目指し、誠心高校を中退し 上京して都内の高校に編入したんですね。 ここの流れからして、御実家または 所属が決まった事務所に人生を諸々 御膳立てされ 住まいから学校編入から何から何まで 守られた流れで 社会へと飛び込んだわけですね。 御実家がお店を経営ということは 幼少期やら学生時代までは 寂しい思いをされたことと思います。 そして、女子高だったことでも 当たり前としてライバル視する人間が 周りに居すぎたわけですね。 共学にいたら、男子の存在によって もう少し癒しと余裕があったかと…。 それが②つ目の現実逃避として 衝撃発言にもあった 【大麻は18歳の頃かな】です。 それが本当ならば、18歳で海外旅行をし 大麻を吸い、時おり食べww モデルデビュー&女優デビュー。 所属事務所は大手のオスカーですよ。 力を持ってる事務所なので オイタしても、ワガママしても、 与えられたお仕事をこなしてる間は 揉み消してもらえてたでしょう。 事務所側も 彼女の管理は大変だったかと思います。

ただ、働く上で また住む上で 環境は整っていたものの 人間力の養える環境を持つ機会を 得ることは難しかったんでしょうね。 大麻を覚えてしまったこと自体が まず厳しい人生の始まりだったかな、 と思います。 軫宿は、女難の相もありますので おそらく女子高時代でも女優時代でも 前世から持ってきた課題が重たすぎて 人間関係に苦労されたのかもしれません。

もし、高樹沙耶さんが もっと同性の方々と仲良く 上手に関われていたならば そこから得られるものは もっと もっとあって 本来の能力をもっともっと 開花させられ 占術で見れば この方は 【海外でも活躍】【指導力】【接客】 【セラピスト】【執筆】【芸能界】 【フリーランス】【インテリアデザイン】 【様々な分野の先駆者】 などの能力があるので 例えオスカーを退社していても フリーランスで 人脈を活かして もっと活躍できたかと思います。

高樹沙耶さんが 大麻を経験してしまった10代って とても多感な時期なのですが、 その時期に踏み外してしまったり 得られない教育があっても 必ず どこかで大事なことを 学ぶ/学べる/学び直すタイミングって やってくると思うんですよね。 (私も大人になって学び直した人間です) ここで③つ目の 子供っぽさの部分の短所を どう回避して上手く人生を歩むか? の鑑定になるわけですが、 子供っぽさの象徴No.3の人間は 自身の力だけで切り開くのが難しくても 出逢いの中での刺激や支えで いくらでも成長することが出来ます。 出逢って選んで深く関わっていく 人間関係で白にも黒にもなります。 そう、出逢った中の人を選ぶことが 凄く重要なんですね、、、 もっと大きくて善の方向での使命が 彼女には あったと思うのですが 御縁を大切に出来なかったのか…。

こういった流れになってしまった方を 見てしまうと、つい心の中で 「占い、学んでみませんか?」 と言いたくなってしまいますww

自分を知るって大切なこと。 自分の持っている 運を知るって大切なこと。 自分の運気を知るって得なこと。

逆に言えば、 自分を知らないって不安なこと。 自分の持っている運や能力や 運気を知らないって損なこと!

知ってる人は得してる。 得をいずれは徳にして 積み上げてくと幸せになる♪ d(⌒ー⌒)!

占星術講座 受講費 半額キャンペーン実施中! 詳細ブログは、こちら↓ s.ameblo.jp

LINE友達追加よろしくお願い致します!

LINE Add Friend QR code

掛川市 ヒプノセラピー ヒプノセラピスト Nana 占星術カウンセリング 対面鑑定 心理カウンセリング

掛川市 菊川市 牧之原市 島田市 焼津市 藤枝市 浜松市 磐田市 袋井市 豊橋市 静岡県外からの御遠方でも セッション御予約承ります♪ 掛川市西郷インターを降りて3分